神戸の新しい魅力に出会うウェブマガジン シタマチコウベ

  • X(旧Twitter)
  • Instagram
  • facebook
  • X(旧Twitter)
  • Instagram
  • facebook

神戸の新しい魅力に出会うウェブマガジン シタマチコウベ

Shitamachi NUDIE

下町の人たちのインタビュー記事です

今夜、下町で

下町の飲み歩き日記です

下町くらし不動産

物件情報やリノベーション事例を紹介します

下町日記

下町に暮らす人たちに日記を書いてもらいました

下町の店≒家

下町ならではの家みたいな店を紹介する記事です

ぶらり、下町

下町の特集記事です

下町コラム

下町の「あの人」が書く連載記事です

Shitamachi Chemistry

下町の「あの人」×「あの人」の科学反応を楽しむ企画です

下町ギャラリィ

インスタグラムで#シタマチコウベをつけている投稿を紹介します

下町で味わうアジアの食文化!本場の雰囲気が楽しめる多国籍・エスニック料理屋5選

この記事をシェアする

神戸 多国籍

神戸は1968年の開港以降、諸外国との交流拠点として賑わい、様々なルーツを持つ人たちが集住する街として栄えました。とりわけ、長田区・兵庫区には韓国・朝鮮をはじめ、ベトナムや中国などのアジア国籍の方々が多く住んでいます。この記事では、本場の雰囲気や味覚が味わえる地元民御用達の多国籍料理屋さんを紹介します。下町で気軽に現地さながらの本格的な味をお楽しみください。

ミャンマーの優しい家庭料理が味わえる「ミャンマーカレー TeTe」

ミャンマーカレー TeTe

【ミャンマー料理】ミャンマーカレーTeTe

JR「新長田駅」から徒歩8分、下町情緒あふれる奥まった商店街 丸五市場に「ミャンマーカレー TeTe」はあります。店主の阿雲登美子さんは、タイやミャンマーで暮らした経験があり、カレーの作り方はミャンマー人の夫さんから教わったそう。使用する食材のほとんどは、丸五市場近辺の小売店から仕入れ、カレーを中心にミャンマーのやさしい家庭料理を提供しています。カレー以外にも、コクのある魚スープに米粉麺が入ったレモングラスが香るモヒンガーやほくほくのじゃがいもとスパイシーチキンが入った三角形の揚げ春巻きサモサ、程よい甘みで飲みやすいミャンマーコーヒーなど、本格的なミャンマーの国民料理が食べられます。
ミャンマーカレー TeTe
画像は、ランチタイム(11:30〜15:00)に提供しているカレーセット。本日のカレーとお茶の葉のサラダ ラペトゥ、ミャンマーのミルクティまたはコーヒーがついてきます。ミャンマーカレーはスパイスをあまり使わずに数種類のハーブや野菜で作るため、辛さは控えめで優しい味が特徴です。

店舗情報
ミャンマーカレー TeTe
〒653-0042 神戸市長田区二葉町3丁目11-5
電話番号:080-5631-8129
営業時間:11:30〜18:00(※18:00以後は4名〜15名の団体予約が可能)
定休日:火曜・土曜・日曜

ボリューム満点でアットホームな本格インド料理屋「Neelam(ニーラム)」

Neelam(ニーラム)

【インド料理】ニーラム

地下鉄・JR「和田岬」駅から徒歩3分、気のいいインド人の店主が切り盛りする本格インド料理屋Neelam(ニーラム)。定番のバターチキンカレーだけでなく、キーマやマトン、野菜、シーフードに加えオクラカレーやほうれん草チーズなどの変わり種に日替わりカレーもある充実ぶり。タンドール釜で焼いたもちもちのナンと食べれば大満足のボリュームです。カレーの辛さもお好みで調整できるので、インドカレー初挑戦の方も安心。カレーを単品でも選べますし、お酒を飲む人向けのアルコールセットもおすすめです。タンドリーチキンやエビ・チキンティッカ(スパイス焼き)、パパド(インド風せんべい)などがお酒と一緒にちょっとずつ楽しめます。カレー以外にもタンドリー料理やインド風蒸し餃子モモなど、本場を味わえます。
Neelam(ニーラム)
写真の料理は巷で話題のカレーうどん。インドの本格カレーをうどんに絡めた一皿で、意外にも相性抜群。ボリュームたっぷりのため、自家製のお漬物(アチャール)やミントチャツネで味変しながら食べるのがおすすめです。

店舗情報
ニーラム
〒652-0865 神戸市兵庫区小松通4丁目2-22 1F
電話番号:078-671-1070
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜22:30
定休日:日曜

新鮮なキムチと身体温まる韓国料理「マルフクキムチ店」

マルフクキムチ店

【韓国料理】マルフクキムチ店

地下鉄・JR「和田岬」駅から徒歩2分、笠松商店街に面するマルフクキムチ店は、元薬局屋の面影を残した外観のキムチ専門店・韓国料理屋さんです。済州島出身のお母さんが作るキムチ専門店の片隅で、趣味でお父さんが立飲みスペースを始めたのがきっかけだそう。チヂミやスンドゥブチゲ、ビビンバなどの定番の韓国料理に加え、ユッケジャンやドジョウスープ、ソルロンタン(牛骨スープ)などの本格的な朝鮮料理がいただけます。キムチの持ち帰りも可能で、カクテキは2日前予約の完全受注制で販売しています。
マルフクキムチ店
画像の料理はタリギャリチム(ケランチム)。韓国の蒸し卵料理でごま油のきいた茶碗蒸しのような味わいで、食感はさながらふわふわの卵焼きのよう。〆や寒い日におすすめです。

店舗情報
マルフクキムチ店
〒652-0864 神戸市兵庫区笠松通5丁目6-10
電話番号:078-671-0444
営業時間:17:00〜22:00
定休日:木曜

ベトナム全土のローカルフードが揃う「39SAIGON(39サイゴン)」

39SAIGON(39サイゴン)

【ベトナム料理】39SAIGON(39サイゴン)

JR「新長田」駅から徒歩6分、西神戸センター街を抜けた先の角にベトナムレストラン39SAIGON(39サイゴン)があります。ベトナム難民として40年以上前に来日したフェンさんが2018年にオープンし、家族で経営しています。メニューはドリンクも含めて100種類と豊富で、南北に長く伸びているベトナム全土のローカルフードが揃っています。店内は27席と広々しており、2階はカラオケ付きの個室があり20名まで予約が可能です。人気メニューはバインクオン(豚肉蒸し春巻き)や米粉麺(ビーフン)を肉団子入りの付けダレでいただくブン チャー ハノイ。ランチタイムはフォーと生春巻き、揚げ春巻き、ベトナムそぼろご飯がついたCセットが人気です。
39SAIGON(39サイゴン)
39SAIGON(39サイゴン)
画像の料理はパパイヤサラダとベトナム風お好み焼きバインセオ。パパイヤサラダにはたっぷりの野菜と蒸しエビ、ピーナッツ、シャキシャキ食感のパパイヤが入っていてベトナムではお酒のおつまみとして親しまれています。バインセオは米粉とココナッツミルクの薄い生地にエビや野菜が包まれていて、スイートチリソースにつけていただきます。

店舗情報
39SAIGON
〒653-0042 神戸市長田区二葉町3丁目11-9
電話番号:078-779-3873
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜22:00(火曜〜金曜)、 11:00〜15:00、17:00〜23:00(土曜・日曜・祝日)
定休日:月曜


馴染みやすい味と人柄で常連さんに愛される中国家庭料理「めいりん」

めいりん

【中華料理】めいりん

JR「新長田」駅から徒歩8分、丸五市場で2009年から営業している地元に愛される知る人ぞ知る中華料理屋さん「めいりん」。中国出身の店主が本場の母の味を引き継ぎ、日本人の味覚にも馴染み深い家庭料理を提供しています。毎日食べたい家庭の味に加え、気さくな店主の人柄も愛され、カウンターは常連のお客さんでいつも賑わっています。人気メニューは三鮮水餃子。もちもちの皮に豚や野菜などの具材がたっぷり詰め込まれています。他にも幸せの一人鍋や麻婆豆腐、老麺(ローメン)も大人気。事前に予約をすれば丸五市場のフリースペースを使って団体さんにも対応しています。
めいりん
めいりん
水餃子は皮から作る本格さ。冷めないうちに熱々のまま醤油や酢、ラー油でお好みにカスタマイズした付けダレでいただくのがおすすめです。中華料理以外にもオムライスやサンドウィッチなど、常連さんの希望で日々メニューが増えています。

店舗情報
めいりん
〒653-0042 神戸市長田区二葉町3-10-12
電話番号:080-6168-2578
営業時間:14:00〜23:00
定休日:火曜

掲載日 : 2024.02.16

この記事をシェアする

最新の記事

2024.07.13

六月十七日(月)

2024.07.12

六月十六日(日)

2024.07.11

六月十五日(土)

タグ一覧

関連記事

2022.07.04

丸五市場で混ざりあう、アジアの食文化

    2018.12.14

    うきうき和田岬編 by 山口葉亜奈

      2019.05.31

      ふわふわ新長田編 by岩崎雅美