下町くらし不動産

オシャレなお家レポート「F:machine 淵上さんち」

2020.09.25

今回訪れたのは駒ヶ林で木工機械の卸売やメンテナンスを行っているF:machineの淵上さんのお宅。シタマチコウベのエリアで、昔から活発だった家具作りや靴づくり、木材加工に必要となる機械のメンテナンスなどをしていることもあり、地域の職人ネットワークを作られています。お家を伺うとシタマチコウベで取材をしてきたMOUの幸玉さんや材木屋の三栄さん、マルナカ工作所さんから生み出された家具がいっぱい。

淵上さんのことはこちらの記事でご覧ください。
F:machine 淵上俊介さんにまつわる4つのこと
異業種での経験が生んだ一風変わった機械屋さん

https://shitamachikobe.jp/nudie/464

淵上さんが住んでいる兵庫運河の近くにあるワンルームマンションの一室。
座っているソファと前にある三角のローテーブルはMOUの幸玉さん作。

MOU 幸玉さんの記事はこちらから。
家具職人 幸玉次郎さんにまつわる4つのこと
神戸洋家具の伝統ある技術を受け継ぎ拡げること

https://shitamachikobe.jp/nudie/777

 

このソファに座りながら、本を読んだり、プラモデルを作ったりしながら休日を過ごしているそうです。

空間を仕切るこの木の枠は、材料は材木屋三栄さん、加工はマルナカ工作所で活動している馬場田さんによるもの。

三栄の服部さん、マルナカ工作所については、主宰している山崎さんを以前に取り上げさせていただきました。その際の記事もぜひ。

株式会社三栄 服部真俊さんにまつわる4つのこと
歴史ある場所で唯一残った材木屋の、ものづくりの支え方

https://shitamachikobe.jp/nudie/2372

マルナカ工作所 山崎正夫さんにまつわる4つのこと
六甲の木と港町をつなげる、新たな循環

https://shitamachikobe.jp/nudie/20

 

部屋に合わせた収納もMOUによるオリジナル制作。

 

ちなみにこちらは淵上さんオススメのランドリーボックス。空間に彩りを加えます。

淵上さんのお家にはシタマチコウベでも取材をさせていただいた、職人たちの仕事が溢れる空間となっていました。様々な職人の方に直接依頼していくことで、自分たちの暮らしにあう空間を作れる、そんなパートナーとなる人が多く住んでいるこのエリア。

ぜひ皆さんもオーダーメイドで家具を発注してみる、まずは、相談してみるなどいかがでしょうか?

 

コラム一覧