シタマチコウベシタマチコウベ

2019.12.01

池田浩基 1st week

普段は仕事以外カメラを持ち歩かない僕。
今回の話をもらってカメラを片手にブラブラ歩いてみた。
ブツブツ何かを考えながら。


長年大切にされた「もの」には命みたいなものが
宿る気がしている
♯まだまだ働けるよ♯まだ捨てないで


民家の壁にまるでヤオロズの神様達のように
見守っている木像達。みんなメッセージを持っているように見えた。


じーっと見つめる先が気になった1枚


朝早くの出勤を終え休んでいる船達
翌朝のご主人を待っているように見えた
♯自分もう行けますよ


このドアの中はどうなってるんだ??ふっと僕の小さな冒険心をくすぐる建物が非常に多いこのまちが好きだ


夕暮れが路地道を光と陰で彩る
僕の心はいつもこの光景に引っ張られる

下町日和第4弾は写真家であり映像クリエイター、脚本家の池田浩基さん。新長田に暮らし、働く池田さんに、改めて町の1シーンを切り取っていただきます。

週刊下町日和一覧へ