シタマチコウベシタマチコウベ

2020.05.04

ニューヤスダヤの「インド風カレー」

兵庫区西出町の元老舗居酒屋「ヤスダヤ」をリノベーションして、2019年3月にオープンした「大衆スパイス食堂ニューヤスダヤ」。店主こだわりの本格スパイスカレーが魅力のお店です。スパイスカレーが好きだけど、今はお店に食べに行くのは難しいし、家で作るのは大変そう。そんなカレー好きのあなたにオススメなレシピを、店主の藤村勇輝さんに教えていただきました。スーパーにある食材で、しかも30分で本格スパイスカレーが出来上がります。

 

インド風カレーの作り方

材料(5人分)

・玉ねぎ 1玉

・トマト 1個

・鶏肉 500g(一口サイズに切っておく)

・ニンニク 大きめのひとかけら

・生姜 大きめのひとかけら

・パウダースパイス( 3種類)

−コリアンダー(茶色いスパイス) 小さじ2

−ターメリック(黄色いスパイス) 小さじ1

−カイエンペッパー(赤いスパイス) 小さじ1

・水1L

 

( 1 ) 【火加減:弱火】

 

まずは鍋を2つ用意します。一つはお湯1Lを沸かし、もう一つには油100cc(鍋の底がしっかり浸るくらい)を入れて火にかけます。ニンニク、生姜をみじん切りして、油の入った鍋に入れて弱火で炒めます。

本場のインドカレーには、油がたっぷり使われていて、食べるときに油膜があるほど。スパイスの香りを出すために、油の量は減らさないようにしてください。

 

*ここでホールスパイスを入れてもOK!シンプルな味付けにしたい場合はクミン、クセのある味付けにしたいときはフェンネルなどがオススメ。

 

 

 

( 2 ) 【火加減:強火】

 

ニンニク、生姜の香りが立ってきたら、強火に切り替え、十字に切ってから千切りにした玉ねぎを入れます。ここで、塩をひとつかみ入れるのがポイント。これで玉ねぎの水分を出やすくして、炒めていきます。玉ねぎを焦がさないように注意しつつ、あまりかき混ぜないように。

 

玉ねぎを長く炒めると、旨味が強くなります。スパイスの風味を活かしたい場合は、玉ねぎの端の方が茶色くなったタイミングで止めるのがオススメ。

 

 

( 3 ) 【火加減:弱火と中火の間】

 

火を弱火と中火の間に弱め、1cm角に切ったトマトを鍋に入れます。トマトを潰すようにして炒めます。

 

★重要

玉ねぎとトマトの水分が抜けるまで炒めて、旨味を凝縮させるのが美味しくするポイント。どこまで炒めるか、目安は簡単。写真のように、炒めている具を、混ぜているヘラの角を使って分けてみます。具が道のように分かれたら十分です。

 

 

( 4 ) 【火加減:弱火〜中火の間】

 

いよいよスパイスの登場です。

準備したスパイスを鍋に入れます。ここでは基本の3種類のスパイスを使いますが、お店では約10種類ものスパイスを使うこともあるんだそう。お好みでスパイスを足して、味を研究していくのも、カレー作りの醍醐味。

 

★重要

スパイスを入れたら、ペースト状になるまでしっかり混ぜます。美味しさの決め手になるので、時間をかけて丁寧に。

 

*このペーストを多めに作って、小分けにして冷凍しておくと便利!

 

 

 

( 5 )【火加減:弱火〜中火の間】

 

鶏肉を入れてさらに炒めます。ペーストが焦げ付かないように注意。

 

*更なる美味しさを追い求める方は、鶏肉の旨味を閉じ込めるために、サラダ油を引いたフライパンで、鶏肉の表面に焼き目をつけてから入れてください。鶏肉を入れたら、( 6 )へ。

 

 

 

( 6 )【火加減:弱火〜中火の間】

 

鶏肉の表面に焼き目がついたら、沸かしていた熱湯を入れて、20 〜30分間煮込みます。ここで水を入れてしまうと、旨味が逃げてしまうので、必ず熱湯を入れましょう。また、煮込みすぎても鶏肉の旨味が逃げてしまうのでご注意を。

 

 

 

( 7 ) 煮込み始めて20分が過ぎたら、味を見ながらお好みで塩を足して、完成です!

 

 

 

盛り付け

 

お好みで、ハーブやパクチーをトッピングしてみてください。

 

 

 

おまけ

 

炊飯器で出来ちゃうパプリカライスの作り方

材料(5合分)

・お米 5合

・水 5合分の量

・パプリカパウダー 小さじ1

・油 ひとまわし

・塩 小さじ1

 

炊飯器に、いつもお米を炊く要領で、お米と水をセットします。そこに、パプリカパウダー、塩、油を加え、軽く混ぜます。その後は、いつものようにスイッチを入れるだけ。白いご飯も美味しいけど、パプリカライスで特別感がプラスされます。

 

 

 

 

コロナが落ち着いたら、ぜひニューヤスダヤに。

 

ニューヤスダヤでは、店主こだわりの本格スパイスカレーがいただけます。「ニューチキンカレー」や、「ブランデーとイカ墨の黒海老チリキーマ」、「タイム香る鯖三杯酢キーマ」など、名前から味の想像がつかないので、何を注文するか迷うかもしれませんが、どれを頼んでも間違いなしの美味しさ!ぜひ、“謎カレー”を食べにお越しください。

 

カレーだけでなく、スパイスの効いたおつまみも充実していて、お酒も食も進みます。また、昼飲みができるのも、魅力の一つです。

 

 

店主の藤村勇輝さんが、仲間たちとリノベーションで作った店内も、見どころ満載です。

 

ニューヤスダヤの「インド風カレー」、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

大衆スパイス酒場 ニューヤスダヤ

店主こだわりのカレーや、スパイスの効いた肴と、お酒が楽しめます。
住所:神戸市兵庫区西出町2-17-18 安田ビル1階
営業時間:[ランチ] 11:30~14:30[ディナー] 18:00~21:30
ニューヤスダヤのtwitterはコチラ

Instagramはコチラ

 

 

ニューヤスダヤ 店主 

藤村勇輝さん

「大衆スパイス食堂 ニューヤスダヤ」店主。兵庫区西出町の元老舗居酒屋「ヤスダヤ」を仲間たちとリノベーションし、2019年3月に「大衆スパイス食堂 ニューヤスダヤ」をオープンする。

Stay Home一覧へ