シタマチコウベシタマチコウベ

2020.04.13

石山樹野 2nd week

 

私は一体何色になるんだろう。

外から見た私は一体何色なんだろう。

これから、何色にそまっていくんだろう。

旅をする中で、生活する中でそんな事を思う

 

 

このまちに出逢っていっちばん最初に訪れたのは

知り合いに紹介してもらった介護施設「はっぴーの家ろっけん」だった

1階のソファーでうとうとしながらオーナーを待っていると

子ども2名に馬乗りされるという奇襲をくらうところからスタートし

出逢って1時間もしないうちに家族の一員のようになっていた

 

 

みゆきさん

 

はっぴーの家ろっけんの裏ボス。

どんなに私がレベルをあげても倒せない。

強さの成分は、何度も何度も苦しさや悩みたちを重ねた経験と感情、学びだと私は思う

 

天使のような可憐さはどこまでも飛んでいけそうだし

力強い核は情熱と冷静さが混ざり合っている

 

 

みゆきさんから教えてもらった、話してもらったことひとつひとつ、ひとつひとつが、

私の人生の中の光となってくれている

 

 

みゆきさんは私に

自分が好き!と思うことに

出し惜しみせずやってもいいんだ、と思えるきっかけをくれた

 

 

みゆきさんとの関係は、不思議だ

仕事の先輩後輩のようだし、親子や姉妹だったり、趣味仲間でもあるし、恩人でもある。

 

たくさんの関係性があるけれど そこには、共通して愛がある たくさんの愛がある

 

そんなみゆきさんが、だいすきだ

 

 

 

《4月紹介》4月担当のアーティストは、長田区に在住の石山樹野さんです。 |1999年生まれ。大学をドタキャンし1人旅をはじめ、このまちに出逢う。そしてこのまちの介護施設はっぴーの家ろっけんにて働きながら同時に舞台活動にも挑戦中。

週刊下町日和一覧へ