シタマチコウベシタマチコウベ

CALENDAR

Gabarito KOBE

開催日 : 2020年12月12日(土) 13:00-19:00

開催場所 : 駒ヶ林・新長田エリア

参加料金 : 1,000円 ※開催中に移動交通費が発生した場合は、別途各自でご負担ください。

主催 : デザイン・クリエイティブセンター神戸、酒印

「俳句」を通して神戸の魅力を再発見しませんか?

 

風情溢れるレトロな下町エリア、駒ヶ林・新長田を舞台に第4弾開催決定!

神戸に新たな視点をもたらしてくれる県外からの俳人ゲストと、ユニークな視点を持つ神戸在住のゲストを招き、俳句初心者でもクリエイティブに街を楽しむことができるプログラム、「Gabarito KOBE」。

今回の舞台は、風情溢れるレトロな下町エリア、駒ヶ林・新長田です。
ゲストには、「ジャズ」と「本」をめぐるエッセイ=評論集『あなたの聴き方を変えるジャズ史』などで知られる、広い視野と見識で人気の音楽評論家・村井康司氏と、神戸を舞台とした話題のエッセイ『神戸、書いてどうなるのか』(ぴあ)、『旧グッゲンハイム邸物語』(同)などの企画・編集を行う編集者・和久田善彦氏を迎え、まちを歩きながら出会った風景を、「冬」の季語を用いて五・七・五の十七音に込めます。ふだん何気なく目にするまちの風景も、俳句づくりの視点で見つめることで違った表情が見えてくることでしょう。この機会に、ぜひ俳句の世界に触れてみませんか?

※吟行……短歌や俳句の題材を得るために、特定の場所に出かけて、景色などを見てまわること。
※句会……皆が作った俳句を無記名で並べて、好きな句を選び合い、鑑賞する遊びのこと。
※本プログラムでは俳句の指導は行っておりません。未経験の方には、事前に参考資料をお送りします。

 

【新型コロナウイルス感染防止対策に関しまして】
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の感染防止対策についてはこちらのページをご覧ください。
・句会会場では十分な距離を取った座席配置にするなど、新型コロナウイルス感染拡大予防に留意して開催します。
・マスクの着用をお願いします。また、吟行(街歩き)中はいわゆる「三密」を避ける等、各自で配慮・ご協力をお願いします。
・当日、風邪症状のある方は、その旨をKIITO(078-325-2235)までお電話の上、参加はご遠慮ください。

歩きやすい靴・服装で、気候によってはしっかりと防寒対策をした上でご参加ください。

 

定 員:30名(事前申込制、先着)

申し込みはこちら:https://kiito.jp/schedule/workshop/articles/44841/

 

問合せ:event@kiito.jp

CALENDAR