shitamchi NUDIE

町との関わり、日々の暮らし。私たちが下町と呼ぶこのエリアでは、移住者、あと継ぎ、ふらりとやって来た人、いろんな人たちが自分なりのやり方で、さまざまな活動を繰り広げています。

彼らの暮らし、商売、子育てのこと、そして、緩やかなつながりの中で見えてきた、町のこと。彼らが日常の中で感じた本音と、町の新たな表情に迫ります。

週末だけでつくりだす豊かな空間と空きビル生活の実践(ヤスダヤビル家主 | つくる人)

神戸洋家具の伝統ある技術を受け継ぎ拡げること(MOU Trateknik&Design | 家具職人)

アートと生活が地続きに展開される街で暮らすこと(NPO法人DANCEBOX | プログラム・ディレクター)

子育て中のママだからこそ担える地域での役割(繋ぐ人|NPO法人ママの働き方応援隊理事長)

コミュニケーションから作りだす仕事と暮らし(絵描きびと)

長田だからこそ発することのできる芸能と想い(スタジオ・長田教坊)

新長田に住み、舞台に立つ、ということ(ダンサー)

異業種での経験が生んだ一風変わった機械屋さん(F:machine | 機械メンテナンス・アイアン製作)

高齢化のすすむ町で事業を起こしていくこと(株式会社OGA | 代表取締役)

地域のつながりから生まれる仕事と生活(一般社団法人DOR | 創る人(建築デザイン))

酒場のマスターだからこそ出会えた、和田岬の町(カルチア食堂 | 料理人)

工場町の商店街だからかなう、地域の人に親しまれるパンづくり(MAISON MURATA | パン職人)

地域の中で銭湯が担う、たしかな役割(萬歳湯 | 銭湯番台)

木材と加工、町の資産を活用して仕事をすること(ウズラボ | 建築家)

地元つきあいを超えたホームセンターのまちづくり(アグロガーデン | ホームセンター経営者)

カフェがあることで広がる、地域とのつながり(北の椅子と | 北欧ヴィンテージ屋)

六甲の木と港町をつなげる、新たな循環(SHARE WOODS | 木質建材卸販売行/木材コーディネーター)