瀬戸内経済文化圏で捉える アートやクリエイティブの可能性


開催日時
9月11日14:00-17:00
開催場所
Dance Box (神戸市長田区久保町6丁目1番 アスタくにづか4番館4階)
参加料金
参加無料
参加条件
150名(先着順、8月30日までに要申込)
主催者
主催:神戸市、株式会社みなと銀行、NPO法人DANCE BOX、瀬戸内経済文化圏 後援:神戸商工会議所、SRCグループ、読売新聞社
問い合わせ先
神戸市 企画調整局産学連携ラボ 公民連携担当 TEL:078-322-6687
内容

令和元年度神戸市産官学金連携フォーラム

「瀬戸内経済文化圏で捉えるアートやクリエイティブの可能性」

-瀬戸内の魅力的な価値資源を活かした取り組みから地方創生を考える-

第1部:地域でアートプロジェクトやクリエイティブな活動を推進する意義と可能性

・福武財団のこれまでの取り組みと今後の展望

講師:公益財団法人福武財団事務局長 宇野恵信 氏

・瀬戸内経済文化圏の可能性

講師:京都造形芸術大学芸術学部教授、graf代表 服部滋樹 氏

第2部:パネルディスカッション「神戸×瀬戸内×アート×クリエイティブ」

ファシリテーター:服部滋樹 氏

<事例紹介>

・NPO法人DANCE BOX理事長/Kobe Art Village Center館長   大谷燠 氏

・株式会社みなと銀行 執行役員地域戦略部長 森田成敏 氏

・神戸市 市民参画推進局 文化交流部長 宮道成彦 氏

※登壇者、プログラムの内容が変更する可能性があります。