9/13下町芸術大学 中西雄二「新長田民族文化論|新長田エスニシティ基礎講座-奄美編-」


開催日時
9月13日 19:00〜21:00
開催場所
神戸奄美会館
参加料金
1000円
主催者
新長田アートコモンズ実行委員会
問い合わせ先
shinnagata.artcommons@gmail.com
内容

【下町芸術大学2019】

9月13日 新長田民族文化論「新長田エスニシティ基礎講座-奄美編-」

講師|中西雄二(地理学者)

戦前から多くの奄美出身者が暮らしてきた新長田のまち。その背景と歴史、現在も残る文化やコミュニティの痕跡を解き明かします。

日時|9月13日(金)19:00-21:00(受付|18:30-)

場所|神戸奄美会館(長田区若松町3-1-1)

定員|30名

受講料|1,000円

※学生は300円引き、「こて隊」に登録するとさらに500円引き

予約・問い合わせ|

新長田アートコモンズ: shinnagata.artcommons@gmail.com

お申し込みやご質問などお気軽にお問い合わせください。

※お申し込みの際は《「件名」にプログラム名、「メッセージ」に氏名、日時、人数》をご入力の上、送信してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講師プロフィール|中西雄二(地理学者)

東海大学文学部講師。専門は人文地理学、移民研究。共著に『エスニックミュージアムによるコミュニティ再生への挑戦』(大阪公立大学共同出版会,2015年)。論文に「神戸における白系ロシア人社会の生成と衰退」(『人文地理』56巻6号,2004年)、「奄美出身者の定着過程と同郷者ネットワーク一戦前期の神戸における同郷団体を事例として―」(『人文地理』59巻2号,2007年)など。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下町芸術大学2019

下町芸術祭2019の講座プログラム。何気ない日常に潜む様々な地域のアイデンティティを事前に学び、芸術祭をより楽しんでいただくための心の準備ができます。「知ってたはず」の不可視領域に改めて出会いなおし、アートやまちへの解像度をしっかり上げて「下町芸術祭」本開催に臨もう! 下町芸術大学がくちょー角野史和

他の講座ラインナップはこちら↓

https://shitamachi-artfes.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

がくちょープロフィール|角野史和(散歩活動家)

1980年生まれ。暮らしとともにある建物やまちを愛し、長田南部では路地を活かしたまちづくり支援、古民家・空き地再生、商業地支援など、建築設計と地域主体のまちづくり支援に携わる。2016年に一級建築士事務所こと・デザインを開設。マップ狂が高じて2018年マップライブラリーGNUを開設。モットーは「つっかけで会いにいける距離感でとにかく顔をつき合わすんや!」。2014年日本都市計画学会計画設計賞受賞。